TOPブログ 5/10 GW明け 令和です

5/10 GW明け 令和です

[ 2019年05月10日 ] [ 茨木 沢良宜教室 ]

 

こんにちはgwで体重が増えててショックな豊田です。現在ダイエット中・・・・

令和元年突入しましたね!!(いまさらですが)

 

これで人によれば三元号はもとより四元号をまたにかけ生きてる方が出ることになると考えるとすごいなあ・・・としみじみと感慨深い・・・

 

(今日の記事はまあまあ長いです)

 

さて令和元年 めでたいですが、この月にはテストがありますので学生たちは純粋に喜べませんね・・・( 一一)

記念すべき令和初のテストですよ!ハラショー!

 

ちょうど今テスト二週間前ぐらいになるのかなと思いますのでテスト前の過ごし方を語りましょう。(正確には二週間すこしきってますけどね)

テスト二週間前 提出物をすべて攻略する。

しかし中にはやる気がでねえ・・・

とうだつく生徒さんもおりますが・・・

ヤル気が出るの待ってても仕方ないのでとりあえずいやでもこなしましょう。

(これが非常に難しいので我々の出番なのですが!)

ヤル気って待ってても来ないんです。

自然発生するものではございません。やる気は人工物だということを前提に考えましょう。作っていくものなのです。

 

やらぬなら やるまでまとう 勉強を・・・・・というわけにはいきないのです。

やらぬなら やらせてしまえ 勉強を・・・・・が正解です。

 

まずはそこからです!

提出物を期間は一週間以内に仕上げる。(土日にたとえ少し無茶をしてでも)

 

仕上げた後は提出物には追われませんのでテスト勉強をします。↓

テスト一週間前 毎日暗記科目(主に理科社会国語)の暗記に努める。

主教科で分かりにくいところは(問題は)先生に聞きに行く

このわからない問題は提出物の問題でいいです。特に国語。

 

とこんな感じです。全然普通な過ごし方と思いませんか?

まずやることはやる(やらせる)←

当たり前のことができてないから点数に結び付かないですヨ。

 

あとこの「やらせる」というのがなかなか曲者でして・・・・どうしても塾が24時間空いてないので家での時間どうやらせる かもかなり重要になってきます。

そこで知っておくとお得なのが

親御さんも子供の隣で勉強(別に子供に合わせなくていい)や作業(あまり音がでない)をすることを推薦します。(問題は親御さんの時間がないという現代社会の課題が立ちふさがってることなのですが・・・・)

よく「子は親の背中を見て育つ」という言葉を聞きますがこれはたぶん一つの正解です。

子供目線から考えて「勉強しろしろいうけど・・なんで俺・私だけ?」という発想がおそらくあると思います。

何かの記事(出所わすれました・・)によれば親の読書量が多ければ多いほど子供の成績もそれにある程度比例して上がっていくというデータを見たことがあります。

また昔、生徒さんのお母さんに国語力を上げるにはどうしたらよいのか?というご相談に対して

「天声人語」の要約を薦めたのですが、これをただ薦めるのではなくお母さんも一緒にすることを条件で薦めたっ結果、お子さんの国語の成績から始まり関係ない成績も大きくはないですが向上したことがあります。

もし、すこしお手すきな親御様がいらっしゃいましたらお子様の勉強されてる時に隣で何か読書でもいですし、勉強でもいいですのでしてみてください。

 

以上沢良宜からでした!