TOPブログ 5/31テスト一か月前のブログ(一か月は切ってますが)

5/31テスト一か月前のブログ(一か月は切ってますが)

[ 2019年05月31日 ] [ 茨木 沢良宜教室 ]

 

こんにちは沢良宜教室の豊田です。

テストが帰ってきて怒られたのかほめられたのか・・・そして怒られた方は、反省・分析をし

次に向けての対策が練られているのか・・・・?私気になります

 

残念ながら多くの方は一喜一憂をし、その反省・分析ができておらずまた次のテストでも同じことを繰り返してしまいます。

さて・・・ではその次のテストとはいつなのか・・・

ちょうど「一か月後」ですね。

 

はやいおそい?人によっては感じ方はバラバラかもしれませんが私からすれば早い。時間に余裕がない・・というのが本音。残りが一か月という時間に対して進めるべき授業の量がたくさんあり難易度が高くなってきます。

ここで皆様に知っておいていただきたいのが

最初のテストが一年のテストの中で一番とりやすいということ。

現在二年三年のかたは何となく体感しているのではないでしょうか?

大体多くの方の成績は一学期の中間でぐんっとあがり期末で沈みます。なぜなら

一学期中間余裕!だったから期末も余裕だし最低限しか勉強しない

の思考にはまりテスト前の勉強量を増やさねばならないのにむしろ減らしてしまうからです。

すなわち・・・そう「油断」

皆さん油断をするのです。これが怖いので当教室では6年生の子には

「最初は簡単・・次は確実に落ちるぞ?なにをしたらいいかわかるね?」とぷちプレッシャーを与えてました。その結果、テスト後も油断せず緊張感をもって授業に臨んでくれています。

プレッシャーの事前教育です。

 

この油断を避けるためにも今日、お子様にあることを確認させていただきたく思います。

それはテストの日程です。

油断MAXな生徒さんはテストの日程すら覚えてません=関心がない→点数上昇しない

油断するなといいつつもこうすれば油断しない方法というのはなかなかありません。

が油断するということはそもそもテストに対しての意識がないということですので、まずは日程から意識させていきましょう。これが本当のテストまでの第一歩です。

しかしこれはあくまで第一歩です。その次にいわゆる「やる気状態」に持っていこうと思えば

さらにいろんな方法、プロセスを踏まねばなりません・・・・が、精神の成長過程ですね、生徒さんが反抗しまくりで話しすら聞かずということはよくあるもの。

こういう時は保護者さんから言われるより第三者から物申したほうがいいことも多いです。

もしそういうのでもお困りであれば当塾へご相談ください。

 

あすからいよいよ6月ですね。九州はもう梅雨入り。関西が梅雨入りするのもあと少しでしょうか。

季節の変わり目で体調を崩しやすいかとおもわれます(特に熱中症)のでおきをつけくださいませ。

 

以上沢良宜の豊田からでした。