TOPブログ テスト2週間前

テスト2週間前

[ 2019年05月27日 ] [ 高槻 宮之川原教室 ]

みなさんこんばんは。
宮之川原教室の高木です。


教室のある高槻市は、2期制(前期・後期)になっているため、5月にテストがありませんでした。
しかし、その5月も終わりになり・・・

 

テストの時間だ!!!!!!!!!!

 

と、いう時期になってきました。
みなさん、テストの準備はいいですか!?

え?テストなんてまだまだ先だって?

甘い!! とっっっっっっっっっても甘い!!


テストがあるのはだいたい2週間先。
確かにテスト期間はまだですが、今回のテスト範囲、1週間で勉強しきれますか?

そう考えると、2週間前から勉強を始めたほうがいいですよね?

では、何をすればいいのか。
時期に分けて確認しましょう。

A:2週間前~

◎学校のワークをやろう!

学校のワークは、だいたい提出課題になっていますよね。
なので、そこを最優先で攻めます。

ただ、「テスト期間(1週間前)にならんと、どこまでが範囲かわからへん」という声も聞きます。

そういう場合は、「今学校で終わったところまで」進めてください。
テスト期間になって、「え、こんなに宿題あんの?」となると、勉強どころではなくなってしまいます。

ここで大事なのは、わからないところをきちんと把握しておくこと。
これが、以下の内容につながってきます。


B:1週間前

◎やったワークをもとに、対策をしよう!

前の「わからないところ」をつぶすために、繰り返し練習をします。

ワークでやる場合は、できなかった問題のみを繰り返しましょう。
そうでない別の教材を使う場合は、正答率の低かった範囲からやるといいと思います。

国語、理科や社会は、覚えるまで。数学や英語は、解き方を理解できるまで続けるのが理想です。

そして、これは必ず。

何らかの形式で、必ずテストすることを取り入れてください。
自分の中学時代は、ワークには直接書き込まず、ノートにやって提出していました。
そして、一通り終わったら、そのワークを使ってテストをしていました。

ワークや問題集の「まとめ」ができれば問題ない、という判断でもよいでしょう。


大事なことは2点。

わからないことをつぶすこと。
本番に自信を持って臨めるように演習を積むこと。

 

そんなこと言われても、という人は、是非当塾へ。

一緒に頑張りましょう。
今日はここまで!!