TOPブログ 6/4 数学 十字架の「+」

6/4 数学 十字架の「+」

[ 2019年06月04日 ] [ 茨木 沢良宜教室 ]

こんにちは、沢良宜教室の豊田です。

 

先日授業をしていたのですが

範囲・中一数学 正負の掛け算割り算

 

・・・符号ミスが多い。すごく。最近習いたてというのもあるのでしょうがこのままではいけない。。。。ということでそこを徹底していました。

そこで、本日はその時に使っていた「こじつけ」をすこしご紹介したく思います。

問題-4×-7

答 +28

 

なのですがここで覚えなければならないのが「-×-=+」だということ

もしくは「ー」がダブルで来たときは合体させて「+」にしなければならないこと。

口では言えるのになぜか実践ではできない・・・・・ということで「こじつけ」

 

「ー」と「ー」を木の枝に見立てましょう。何ができますか?木の枝二本でできるもの?

まず

片方は木の枝(-)を横のまま置いておく

そのうえで

もう片方の木の枝(ー)をうえからさす・・・・・!

そうすれば「+」(十字架)になりますよね!

木の枝「ー」が二つそこに並んで転がってたら十字架を作ってください。

ほんと、こじつけで申し訳ないですが・・・・イチブノヒトノタメニハナルトオモイマス。