TOPブログ 6/12 10円玉の潜在能力とCuのなぞ

6/12 10円玉の潜在能力とCuのなぞ

[ 2019年06月12日 ] [ 茨木 沢良宜教室 ]

こんにちは沢良宜教室の豊田です。

先日、実家に帰ってたときにスマホの充電器がヒートし過ぎでパフォーマンスを落としており満足にスマホをいじることができませんでした・・・・

 

そこで!私がとった方法は充電器に「10円玉」を置くというものでした。

そうするとヒートしてた充電器はみるみる冷たくなり(代わりに10円玉はあつくなりました、もてないくらいに)スマホのパフォーマンスも向上しました。。これから暑くなりやすい時期です。体も熱く手元も熱いとか地獄だと思うので・・・・・

皆さんもぜひこの知識をご活用ください。

 

さてこの10円玉ですがみなさん詳しくご存知ですか?

単に10円玉の価値しかないわけではなくものによっては数倍(いわゆるギザ十)、平等院鳳凰堂が描かれてるわけではないのです。

10円玉の素材といえば「銅」

英語では、copperとよび、ラテン語ではcuprumと書きます。その頭文字をとって元素記号は

「Cu」なんでしょうね。よく銅といえばbronze(ブロンズ)と聞きますが、正確には青銅を指すようですので銅とは別物みたいです。青銅は銅とすずを混ぜた混合物らしいですよ。

これでなんで銅をブロンズということが多いのにCuと書くのかわかりましたよね?