TOPブログ 新年のブログ

新年のブログ

[ 2019年01月04日 ] [ 茨木 沢良宜教室 ]

新年あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします!沢良宜教室の豊田です。

 

年が明けました。2019年・・・!

年始年末は案の定、寝正月(予想通り)

ストーブの前で「陸王」みてました。陸上はさっぱりですが面白かったですね。

あきらめなければ逆転できるというのをドラマですが教えられた新年でした。

 

新年の切り出しはこんな感じでしたが・・今年はどんな一年になるのか?

去年が去年でしたので今年こそはいい年であることを祈りたいですね・・・

年号も変わりますしね~(どんなのになるのでしょうか?)

4/1に新元号通知?というのをききました・・・エイプリルフールとだぶらせてきて

大丈夫なんですかね。

 

さて新年早々の本ブログでは何を書くのか?

 

今回のテーマは・・・・社会の

「明治時代」

実は去年が明治維新から150年たったとかで世間で騒がれていたので・・・

もしや受験に出したくなるかな・・?と思いまして・・・

 

明治時代といえば坂本龍馬、岩倉具視、不平等条約改正、明治天皇、富国強兵、徴兵制、ETC・・・・めちゃくちゃ要素が多いすごく重要な時代です。

 

こんかいここで取り上げたいのは・・

「岩倉使節団」

黒い噂(天皇すり替え説首謀者)の多い岩倉具視が率いる使節団です。彼らは欧米諸国の発展具合をその肌で感じるために船へとのる・・・が真の目的はこれではない!

真の目的とは不平等条約の解消なんですよね。(領事裁判権・関税自主権)

しかし残念ながら改正は失敗するんですよね・・理由は

JAPANはまだ文明的に進歩してないから・・・なんだそれは笑

当時の彼らからしたら我々日本人は西洋のまねごとをしたイエローモンキーにうつったままなんでしょうか?鹿鳴館もばかにしてくるし・・・・・

 

のちに小村寿太郎陸奥宗光がこの不平等条約を撤廃してきます。(さすがとしか言えない)

 

この岩倉使節団の真の目的が記号問題でよく聞かれますので覚えておいてください。

単なる物見遊山で一国の大物ぞろいが国から出ませんよ。

 

ちなみにこの岩倉使節団に津田梅子がついて行ってたりします。

そのまま留学し数年後に帰国した際には英語しか話せず日本語が話せなかったんだとか・・

 

本日はここまで。ではまた来週よろしくおねがいします。