TOPブログ レボリューションオブキリスト教

レボリューションオブキリスト教

[ 2019年03月01日 ] [ 茨木 沢良宜教室 ]

こんにちは沢良宜教室の豊田です。

三月に入りました!春ですね。教室近くの公園の梅の花がバンバン開花しています。

新生活を迎える方も多いのではないでしょうか?そして新生活を勝ち取るために努力している方も多いのではないでしょうか?

受験まであと一週間!!!!

 

本日ですが( ゚Д゚)

取り上げたいのは「宗教改革」

 

さてキリスト教徒は皆さんがご存知の通り世界三大宗教の一つです。

1キリスト教(聖書)

2イスラム教(コーラン)

3仏教(経)

 

覚えてますよね?

あと押さえておきたいのが・・・

儒教(日本教育のベースです)・・・by講師

ヒンドゥー教inインド

ユダヤ教・・・(キリスト教とイスラム教の原点)など。

 

キリスト教というのは、イエス・キリストによって作られた(弟子が作ったが正しい?)宗教です。ゴルゴタの丘で処刑されてからのちに弟子たちの懸命な布教活動のおかげで今や世界的宗教となりましたがその道は苦労の連続でした。

キリスト教を作ったはいいものの、当時は弾圧され、ばれたら処刑、闘技場で猛獣に食われるというリスクを持ちながらの布教でした。そのため、礼拝などは大ぴらにはできず、地下などの人目の付かない場所でやっていたそうです。

そんな、状態がしばらく続いたのですがローマ帝国時代にある皇帝が夢の中で

「キリスト教を保護すれば勝てる」というお告げをききそのあとローマ帝国にてキリスト教の保護に努めそこから広がっていったといわれています。

 

時がたち・・・・

ローマ帝国のおかげでひろがり勢力をえたキリスト教ですが・・・腐敗ですね。悲しいことに。

一般レベルでは聖職者(日本でいうところのお坊さん)が汚職を繰り返したりするようになりました。お金で聖職者の地位を買えるようになったり・・・

また上層部では寺院を作ったせいで金がないから徴収しようということで「免罪符」を作成し、信者からお金をせしめようとします。

この免罪符というのは・・・買えば自分が犯した罪が減るお守りです。ということは天国に行ける確率が増えるわけです!買いたくないですか?買いますよね?!

 

さてこれにぶちぎれたもと聖職者ルター。この免罪符を協会の前で焼き教会を大批判します。これを「宗教改革」といいます。

このことで彼は教会の怒りに触れるのですが・・・(現教会の悪いところを95個も指摘したせいで破門)気にせず自分の思うキリスト教を声高らかにアピールします。これに賛同した人たちを「プロテスタント」といいます。逆に、この糾弾されたもともとのキリスト教一派をカトリックと呼びます。ここものちに独自に改革をしました。

ルターの主張の中でも

従来キリスト教で「清貧=正しい」、「金儲け=悪」という考えがあったのですが、それを否定しお金儲けを肯定したのがかなり有名です。いまキリスト教の国でお金持ってそうなイメージのところは大体プロテスタントといってもいいかも・・・?(アメリカ、イギリスなど)

あと聖書で結婚を禁じられていないのになぜ禁じる!?と批判etc

(ちなみにルターは結婚し六人の子供をもうけてます。さすが笑)

当時、キリスト教は絶対だったのによくぞ批判したよなておもいます。すごいぞルター。

これがざっくりとした宗教改革。腐敗した教会を批判したルターによる刷新劇が宗教改革です。

 

これをもっとわかりやすく理解したい方は「レキアイ!」という漫画をお勧めします。

(おもしろいですよ、ほんと・・・・連載終了しましたが)

あと手塚治虫のブッダもおすすめです。正直いまいちよくわからない仏教の創始者釈迦の壮絶な人生を学べます・・・それにくわえ普通に面白いのでお勧めです。

以上沢良宜教室の豊田でした。歴史にはいろいろあります。政治歴史、農業歴史、産業歴史、今回の宗教歴史・・・・テーマで覚えるとすごくたのしいですよ!

 

本日は以上!!

ではまた来週!

自習いよいよ入試直前最後のブログ!!