TOPブログ 45秒で何ができる?

45秒で何ができる?

[ 2019年01月28日 ] [ 高槻 宮之川原教室 ]

こんにちは、宮之川原教室の高木です。


45秒で何ができる~♪
という曲をご存知でしょうか?かわいいダンスもあって、
動画サイトでちょっとした流行を見せているようです。
教室の生徒も、どうやら知っているようです。

先日、とあるYoutuberの方がこれを題材に、
45秒で実際に何ができるのか、という検証(?)動画をアップしているのを見ました。
結果、有名大の学生でも、「45秒で計算ドリル」は無理だ、ということになっていました。

ですが、45秒では何もできないのでしょうか。


答えはもちろんNO、です。

45秒、あるいは短い時間でも、できることはあるはずです。

 


45秒あったら。

英単語なら、1個か2個、覚えられそうです。
漢字を10個程度なら書けます。
計算も、途中式が3行で終わるものならできそう。
連立方程式も、1問45秒で解ききりたいですね。

3分あったら。

ちょっと複雑な計算が終わりそう。
英単語なら、1ページを2回読めますね。
高校生の英文なら、10~12行読めるかも。

5分あったら。

数学は文章題でも解けそうですね。
英単語はじっくりめにできそう。
短いものなら、英文、日本文ともに読み切れそう。

10分あったら。

理科、社会に手を出してみるのもいいかもしれません。
教科書を読む、でもいいでしょう。
おすすめは、最初の5分で実際に問題を解く。
そしてわからなかったところは答えを見て、次の5分でもう一周。
大事なのは、わからないことを、そのままにせず、
できる、と思えるまでやること。
毎日2周すれば、それなりに覚えられると思います。


それでも、この短時間に勉強する気が起きないとき、ありますよね。
私自身、短い時間の使い方はあまりうまくありませんでした。

そこで考えたのが。
思い切って寝る!!

休憩にあてて、夜の時間や、午後の授業に集中できる態勢を整えておくこと。
それで集中力が上がるのならば、これも立派な活用法です。
(もちろん、こればかりではいけませんよ。)


意外とあいている時間はあります。

通学の電車の中、風呂上がりの時間など、
何かと何かの間は時間ができるものです。

何をしようか迷ってしまう方は、ぜひ当塾へ。
一緒に有効な時間の使い方を考えましょう。